肌荒れしやすい方は

日焼け止めに含まれているパラメトキシケイヒ酸エチルヘキシルに代表される有機系紫外線吸収剤は、効果がとても高いのですが、その分お肌へのダメージが大きいといったデメリットがあります。もちろん一般的な肌質の方でしたら問題ありませんが、体調が悪いときや生理中、肌の弱い方などの場合には、稀に肌荒れを起こしてしまい、痒みや赤みがでてしまうような事があります。そういった時には、市販の安い日焼け止めのように紫外線吸収剤や界面活性剤も入っている物を避け、ノンケミカル系の日焼け止めを使用するのもおすすめです。

ノンケミカル系の日焼け止めは、パラメトキシケイヒ酸エチルヘキシルなどの有機系紫外線吸収剤をしようしないで、ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチルやジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシルのような紫外線散乱剤を使用している日焼止めです。敏感肌の方にも安心して使用する事ができるので人気となっております。しかし、紫外線散乱剤を使用している日焼止めの中には防腐剤や人工香料などがたっぷり入っている商品などもありますので、ノンケミカルだから無条件に安全というわけではありません。しっかりと見極めた上で使用するのが大切になります。


日焼け止めの主な成分
有機系紫外線吸収剤
肌荒れしやすい方は