日焼け止めの正体

日焼け止めは、紫外線のダメージから肌を守る為のアイテムです。シミやソバカスを防ぐ効果もありますが、紫外線によって肌が乾燥する事によって起こる肌荒れや老化を防ぐ効果が期待できます。日焼け止めには色々な種類がありますので、シーンによって使い分ける事が重要になります。

日焼け止めを使用する際に注意しなければいけないのが、顏用かからだ用かを確認する事です。顔用とからだ用を兼用している方も多いと思いますが、顏とからだでは、皮脂腺の数であったり、肌の強さが異なります。顔用のを身体に塗布しても、効果が薄くなってしまいますし、逆にからだ用のを顏に使ってしまうと、強すぎて肌が荒れてしまう可能性もあります。日焼け止めの裏を見るとメーカーの推薦部位が記載されている物もありますので、しっかりと見極めた上で選ぶようにしてください。

また、日焼け止めには効果の違いがあります。真夏の海と秋の曇りのオフィス街とでは紫外線の量が全然違っております。シーンに合わせて日焼け止めの強さを変えるのも必要になります。

日焼け止めを選ぶ場合には、この他に最も重要な日焼け止めの成分をチェックするという物があります。日焼け止めは色々なメーカーから沢山の種類が発売されておりますが、それぞれ配合されている成分が異なりますので、しっかりと見極める必要があるのです。そこでこちらのページでは、日焼け止めクリームの基本成分などの情報をご紹介します。


《 日焼け止めに関するおすすめサイト 》
一年を通して使える日焼け止めをお探しの方は、日焼け止めサプリを使ってみてはいかがでしょうか。サプリを飲むことで日焼け対策ができるので、肌への負担もほとんどありません。日焼け止めサプリについての詳細は、こちらのサイトもご参考下さい ⇒ 日焼け止め サプリ

日焼け止めの主な成分
有機系紫外線吸収剤
肌荒れしやすい方は